Menu

鉄道輸送・railtransportなどに転換

いま企業では、大型トラックを中心とした自動車による貨物の輸送に専念しているところもあるでしょう。

そのような輸送手段を、鉄道輸送・railtransportなどに転換させることを、モーダルシフトという言い方をします。

いま、モーダルシフトについて真剣に考えている人たちも多くいらっしゃることでしょう。

コンテナのおすすめサイト

東日本大震災をキッカケとして

鉄道輸送・railtransportへのモーダルシフトは、東日本大震をキッカケにして、そのようなモチベーションが高まって来たと言います。

地震によって私達が考えていかなければならない懸念材料は、トラック輸送網が麻痺してしまうことです。

そのようなとき、中長距離輸送ではなく、鉄道輸送・railtransportにどんなメリットがあるかしっかり気付かれることでしょう。

今後、そのような危機がいつ日本に訪れるかわからないですし。

モーダルシフトの必要性

いま、日本において鉄道輸送・railtransportへへのモーダルシフトについて真剣に語っていかなければなりません。

実際に鉄道輸送・railtransportへのモーダルシフトの考えは、最近スタートしたことではありません。 30年以上前の1980年代からモーダルシフトに対しての呼びかけは存在していたのです。

1997年9月には、
「地球温暖化問題への国内対策に関する関係審議会合同会議」が開催されました。この会議では、2010年までに500km以上の鉄道輸送・railtransportなどのモーダルシフト率を、50%までに引き上げるとしています。

期待通り率が上昇したということではない

実際に、昔から、鉄道輸送・railtransportへモーダルシフトの必要性はしっかり訴えられていたのです。しかし、実際に鉄道輸送・railtransportへのモーダルシフトは、期待通り率が上昇したということではありません。

実際のモーダルシフト化率は1998年度42.9%を頂点として、どんどん低下をたどることになります。

2006年度以降は、その数字も公表されない事実があります。

国は、果たしていま、鉄道輸送・railtransportへのモーダルシフトについてどのような考えでいるのでしょうか。いま、国は、中長距離輸送にメリットを感じ、モーダルシフトを中止してしまったというのでしょうか。

国土交通省は今も取り組んでいる

ただし、国土交通省は今もその促進には取り組んでいることはいるようですが。

2010年3月には、「モーダルシフト等推進官民協議会」が開かれ、民間事業者&関係省庁との意見交換が行われました。

2016年2月にはモーダルシフト支援法とも呼ぶことができる「改正物流総合効率化法案(流通業務の総合化また効率化の促進に関する法律一部を改正する法律案)」が決定し、施行されています。

新着記事