Menu

海上輸送・seatransport会社の仕事

海上輸送・seatransportは、いろいろな人たちによって支えられて
います。

海上輸送・seatransport会社でお仕事をしたい!そのような人たちは、やっぱり海上で仕事をしたいと思っているのではないでしょうか。

コンテナのおすすめサイト

海上輸送・seatransportの海上職

海上輸送・seatransport会社では、海上職だけでなく、陸上職で一生懸命頑張っている人たちもいます。

しかし、やっぱり、多くの人たちが、海上輸送・seatransport会社に勤務しているのだから、海で仕事をしたいという思いを持っているのではないでしょうか。

航海士、機関士

海上輸送・seatransportにおいて、貨物を船舶で輸送する際に、船舶を運航する役目が航海士、機関士たちです。

海上輸送・seatransportは、現在、日本において必要不可欠な存在ということができます。ただし、 航海士や機関士の人数がどうかと言えば、昔と比較して、運航が自動化されていている理由から、残念ながら減少傾向にあるということができます。

また、コストをできるだけ下げるため、 労働力のリーズナブルな東南アジアから航海士や機関士を採用する機会も増えて来ているため、日本人の方々が、そのような仕事を就こうと思っても、なかなかハードルが低いと言えない状況が続いてしまっているようです。

航海士

海上輸送・seatransportを支えているのは、航海士という人たちです。海上輸送・seatransportの航海士は、航海することと、荷役がメインの仕事です。

航海士というプロフェッショナルが、船を操り、貨物を守ってくれています。

海上輸送・seatransportの航海士という人たちは、 階級にも違いがあり、長い間仕事に従事しているとどんどん昇級することができます。

海上輸送・seatransportの航海士の責任者のことを、 船長という言い方をします。船長は、船の中で、港湾管理者とのやり取り、船舶の運航管理など、幅広い業務を遂行しています。

船舶の運航に対して、最終的判断を下すのも、船長の役目です。

機関士

そして、海上輸送・seatransportに欠かすことができない存在が、機関士たちです。機関士は、 プラントの運用と保守点検を行うことが仕事です。

メインエンジンや電気、水などの必要不可欠なプラントを点検、補修するのが仕事です。

機関士も、階級によって、昇級し、ます。責任者が、機関長です。

また、海上輸送・seatransportは、通信士、料理人……と言った様々なプロフェッショナルによって、支えられています。

まさに、私達の暮らしを支える存在こそが海上輸送・seatransportです。

新着記事